n いずれ劣らぬ狸と狐だ

 関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)が再稼働する見通しとなったのは、関西広域連合が容認の姿勢に転じたことが最大の理由だ。/ 電力不足による市民生活や経済への打撃が無視できないとの判断に傾いたとみられる。全国の他の原発の再稼働はなお見通せておらず、電力危機はまだ去ったとは言えない。/ 関西広域連合が事実上の再稼働容認に転じた声明文について、首長たちは水面下で文案調整を続けた。/ 30日午後3時頃、鳥取県で開かれた広域連合の首長会合を終えた井戸敏三連合長(兵庫県知事)から、大阪市役所の橋下徹市長に電話がかかった。公務のため首長会合を欠席した橋下市長に声明案についての意見を求めるためだった。

 関係者によると、橋下市長は、「限定的」との表現を加えることにはこだわったが、最大公約数で声明をまとめることには反対しなかった。再稼働批判の急 先鋒 ( せんぽう ) だった橋下市長が理解を示したことで、一気に再稼働容認への流れができた。/ 前日午後、井戸知事は再稼働容認に含みを持たせた声明案を各首長に打診していたが、「細野原発相の説明を聞いたその日に声明を出せば『出来レース』になる」などの慎重論が相次ぎ、見送りになった。/ ところが、関係閣僚会合が30日夜に開かれるとの一報が飛び込み、事態は急転。首長たちは「政府判断の前に広域連合の意見を示さないといけない」(山田啓二・京都府知事)との考えでまとまった。非公開の打ち合わせで文面を調整し、この日夕の公表にこぎつけた。橋下市長は声明発表後の報道陣の取材に「知事、市長には(原発を)動かさざるを得ないという考えの人もいる。だが、暫定的な基準に基づく暫定的な安全判断に過ぎないという考えは一致している」と語った。(読売新聞・12/05/31)

 さすがに政治家だ。知事や市長といえども、永田町の住民もどきで、舌の根も乾かぬうちに前言を翻す。大飯原発の再稼働には断固反対と言っていました。京都や滋賀の知事も。その理由たるやまっとうでした。しかるに、関電の電力不足が深刻だと関電に言われて、それは厳しい、一夏限定で稼働させるべきだというのです。いったい何のための反対論だったのか。これでは永田町の狸に張りあいたい地方の狐という図ではないですか。いのちが危ない、計り知れない危険がばらまかれる。それが「暫定的な基準に基づく暫定的な安全判断」が出たから、反対の立場を変えますだって。暫定的な安全判断というのはなんのこっちゃ。一時的な安全宣言では、「安全」を保障しないのは誰の目にも明らかなのに。彼や彼女、地方の首長たちは「危険」な状況を見ても見ないと言っているのです。(12/06/01)