v 楽しい、わかる授業?

むのたけじ

 私は素人ですが、あなた方におたずねしたい。学校でやる授業というのは、わかったらおもしろくないものじゃないですか。わからないから楽しい。それが授業の本質じゃないですか。つまり教師だけが答えを知っている、そこへ向かって子どもの能力をできるだけ早く順応させるというなら、これ授業じゃないでしょう?(むのたけじ「『楽しい、わかる授業』とは」教研サークルでの講演。97年8月。『むのたけじ語るⅡ』所収、評論社・08年刊)

 楽しい授業、わかる授業と教師ならだれでも言いもするし、あこがれもする。はたしてそんな授業は可能なのかどうか。むのさんは林竹二さんと知り合いだった。林さんが横手にjきて、一回だけ授業をされたことがあった。「林さんが小学校四、五年生を相手に、動物を題材としながら、『人間とは何ぞや』という哲学の根源の問題を問いかけていくわけです。私はそばで見ていた。相手が子どもだからといって学問の水準を一ミリも下げてはいませんよ。言葉はわかるように工夫していますが最高の水準です。子どもたちは初めて聞く話です。はじめはとまどいがあります。ところが四〇分たって授業が終わると、子どもたちはこれまでもたなかったようなキラッキラした目の輝きを示しました。つまりそれは、わからないことと闘った、わからないということがわかった、努力すればもっとわかることができるだろうという感動です。これを、全く準備なしの初対面の四〇分の授業の中で実現できる。それは林さんが偉いからだとは私は思わない。それが普通の授業だ。一〇〇人の教師がいれば、そのだれもがやれる授業の本質だと私は思う」(同上)

 このようにむのさんはいわれますが、そうでしょうか。だれもができる、「普通の授業」だとわたしは思わない。まず、子どもにまともに向きあえる大人、教育や授業を見くびらない教師、そのような姿勢や態度をもっていて初めてそのような授業が可能となる条件がそろうのでしょう。逆に言えば、子どもを見下し、教育を見くびっている大人(教師)があまりにも多すぎるというのです。あるいはむのさんは聞き手である教師たちをそそのかし、持ちあげようとしたのかも知れません。

 「私は、何であれ、時々の政府の支配・被支配の影響を受けると思います。拘束されると思います。しかし、教育の場合、影響され拘束されながらそれを尚且つ乗り越えてゆくものと思っている。そのことにおいて人間のやれる仕事の他の部分と大変違っているという認識がなくちゃいかんと思っています」(同上)(10/05/22)